PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎 栃木街道店

ニートからの出口。

jirotochigi1.jpg


ラーメン二郎の祭り好きが集まりゃ栃木だろうが行きますよ!


ということで、早朝の首都高に乗り、壬生を目指す。

jirotochigi2.jpg

『ラーメン二郎 栃木街道店』

9時到着。待ちは17名ほど。


ここから北関東の寒風とせめぎ合い。

足もとにまとわりつく冷気はジワジワと全身を震わせる。

これは以前、『ラーメン二郎 神田神保町店』がつけめんをやった時と間逆の感覚。

あの時は暑さに身悶えたなぁ・・・。

って、どんだけつけ麺好きだよ。


そんなこんなの3時間。

書くのは1行ですむ、3時間。

15分前倒しで開店。

店内は広々。20名分くらい余裕で入店。

券売機にて『小ラーメン豚入り(800円)+つけ麺(150円)』を購入。

この日はつけ麺のみの提供。

あつ盛り・スープ割りも不可という条件下で時を待つ。


店主は1ロット9杯を作りあげる手際を見せるが、いかんせんつけ麺。

麺の水洗いをするため時間がかかる。


並んでから、苦節4時間30分。

店主より、『ニンニクは?』との声。

『ヤサイマシマシニンニクで。』という言葉を伝え、まずはスープから!

jirotochigi3.jpg

もはやラーメン!

そして、麺!

jirotochigi4.jpg


ひとつにぃぃぃ!!!!

jirotochigi.jpg

jirotochigi7.jpg

これが栃木のつけ麺!


ではいただきまーす!!


まずはヤサイから!

シャッキリしていながらも、茹で加減は強め。

つけ汁にたっぷり浸っているので、見た目以上に量がある。

そして、ジワジワ露わになる辛味か!

その辛味がどんどん増していく。

・・・これは・・・


ブタ!

jirotochigi5.jpg

こっこいつ・・・!


しょっぱいのう!!


しょっぱい上にガッチリタイプ。

舌にビリビリくる刺激に悶絶。

ボリュームは良いものの、肉感・醤油感たっぷりのブタは中々の食べ応え!


スープ!

jirotochigi6.jpg


これはもう、辛味としょっぱさ、そしてニンニクの刺激で攻撃的な味わい。

スープは意外と微乳化であるけども、栃木らしい重厚感ある濃厚さが全体を和らげる。

っが!やっぱりしょっぱくて辛い!!


こいつは麺と共にいかねば!


かん水の匂いが強めなツルッとモッチリな平打ち麺。

これほどかん水の匂いがする麺も昨今そんなにないかも。

これをつけ汁に浸け、ズッッ!と。

弾丸のように喉を走る麺!


・・・・・・・・詰まった。


水を飲み、呼吸を整え、ゆっくり食べ進める。

麺とつけ汁の相性は悪くない。

かん水の匂いは独特の風味に、塩気の強いスープは麺によって緩和。

つけ麺の特性上、矢継ぎ早にズッ!ズズッッ!!と。


ボリュームはさすが栃木街道店。

小でも圧巻の量でごちそうさま!


総評:★★★


辛味と塩辛さが目立つつけ麺でした~。

なんとなく、栃木街道店はつけ麺がレギュラー化しそうな気がしますが、もっと試行錯誤をして栃木街道店唯一無二の味を作り上げてほしいですね。

そして栃木の人たちにラーメン二郎を知ってもらうために、頑張ってください!

ラーメン二郎 栃木街道店
住所:〒321-0225 栃木県下都賀郡壬生町本丸2-15-67
最寄駅:東武宇都宮線『壬生駅』
営業時間:11:30-14:30 / 18:00-21:00 / 日曜 12:00-18:00
定休日:月・祝

↓kenさん↓
FC2ブログランキングへ
↓おつかれっした!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| ラーメン二郎 栃木街道店 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2009/02/12 18:50 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/66-4a15e446

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。