PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

六厘舎 TOKYO

tokyoramenstreet.jpg


限定に弱すぎる。





かのお店が大崎にあった時、よくもまーこんなに並ぶもんだな、

と思いながら自分もなぜか何度も並んでいた。

そのお店が閉店した後、東京駅にあるお店にはなかなか行かなかった。

けども、『朝つけ』というのを知ってから、ちょくちょく行くようになってしまった。

そんなお店が冷やし中華だとぉ!?

rokurinsyatokyo2.jpg

『六厘舎 TOKYO』

AM11:00からと、PM6:00から30食限定という六厘舎の冷やし中華。

『冷やし中華なぞ中華料理ではないわ!』

という迷言のおかげで中々冷やし中華には食指が伸びなかった自分ですが、

今回六厘舎がやっているっていうのでついつい。

19時着。待ちは・・・30名くらい?

さすがの並び様。他にもたーくさんラーメン屋さんも飲食店もあるのに、

ここの並びは相変わらず群を抜いて凄い。

しかし、粛々と待つことに慣らされた身としては、1時間時間を潰すことくらい造作もない。

緩々と消化される行列。そろそろ店先という頃、スタッフの方より、

『只今限定で冷やし中華をやっていますが、つけめんの方でよろしいですか?』

という、冷やし中華の存在をアピールしつつ、でもどうせつけめんなんでしょう?という言葉を!

『冷やし中華でお願いします。』

というと、

『冷やし中華は麺が太く、別に茹でますので少々時間がかかりますが、よろしいでしょうか?』

『大丈夫です。』と伝える。

そして、券売機にて、『冷やし中華(880円)+海老玉(150円)』を購入。

店内では結構な人数のスタッフがあくせくと働いている。

さすがに配膳スピードも早く、お水の交換やスープ割りのおすすめも手際良い。

他の人のつけ麺が配されていくなか、ただ一人冷やし中華な人間は孤立状態。

スタッフの方も気にかかっているようで、『すみません。もう少々お待ちください。』と伝えてくれるが、

ま、出来るにはどうしたって時間かかるみたいで。

そんな中待ち侘びた一品!

rokurinsyatokyo.jpg

rokurinsyatokyo3.jpg

いやーやはり見た目鮮やかですな。

トッピングされているものは、

rokurinsyatokyo4.jpg

キュウリ・短冊チャーシュー・トマト・油揚げ・シラガネギ・メンマ

頂点に海苔に載せられたしょうがみそ。

あとナルトと味玉追加注文した海老玉。

錦糸卵ではなく、油揚げというのも店主の試行錯誤の結果という。

トッピングの材料は素材そのものの味わいなので、想像に難くない。


それよりも麺!

rokurinsyatokyo5.jpg

冷やし中華といえば、通例縮れた中細麺で中華料理屋さんではベタなものであるが、

こちらのは、あえて極太麺。

その噛み応えは、まさしく冷麺の固さに似ている。

イメージでは韓国風の冷麺。

こちらの麺も最初太い冷麺のように思えたけれど、一応プツリと噛み切ることはできる。

しかし、強烈な歯ごたえ。これは、疲れる。


スープ!

rokurinsyatokyo6.jpg

冷やし中華のスープって、もの凄く分かりやすい。

食べた瞬間、あ、冷やし中華だわ。

と思えてしまう。

この六厘舎のスープもその範疇には収まっている。

醤油とみりんと砂糖の分かりやすいところから、おそらくお店のスープを使用し、深みがある。

けれども、冷やし中華、なのだ。

なぜかそこにがっかりしてしまった。

冷やし中華を求めているのに、冷やし中華ではない何かを勝手に求めてしまった。

食べている最中で、そうだった。頼んだのは冷やし中華だったんだ。

と反芻した。


卓上にあるグレープフルーツ酢というものも足してみた。

冷やし中華だった。


食べ終え、帰り際にスタッフの方が、『ありがとうございます。冷やし中華、いかがでした?』と尋ねてきたので、

『あ、美味しかったですよ。』と伝えると、

『ありがとうございます!冷やし中華、美味しかった頂きましたー!!』

と店内に大声で伝える。

そんな威勢の良い言葉とは裏腹に、なぜか申し訳ない気持ちも生まれた。

その申し訳ない気持ちの所以もよく分からず、まとまらないまま、お店を後にした。


ある意味イマジンブレイカー。

そげぶされました。


六厘舎 TOKYO
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下南通り 東京ラーメンストリート
最寄駅:JR線『東京駅』
営業時間:11:00-22:30 L.O 22:00 朝営業は7:30-10:00
定休日:無


↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓そげぶされてもがんばれる!↓
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

| 六厘舎 TOKYO | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/399-41eb9533

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。