PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

〇心厨房

magokorotyubou1.jpg


○心とは。




真心とは偽りや飾りのない心をいうらしい。

善無く悪無きは是れ心の體(たい)

無善無悪が人の世の理ならもっと自由であるはずなのに。

心のままにいかないのは、何か邪なものがあるのだろうか。


哲学な流れはばっさりと。


麺屋 吉左右の後にこちらへ。


magokorotyubou2.jpg

『○心厨房』

18時着。すでにオープンして満席だったため、しばらく外待ち。

10分後に入店。こちらもオーダーは口頭。

『しおらーめん(700円)』を注文。



狭い店内に1人で作業。

思うに大抵のラーメン屋さんは1人~2人、多くて3・4人がせいぜい。

ファミリー向けはともかく、人との触れ合いは少ない飲食店。

ましてや一人で作業なぞ・・・!

心を保っていられるのかっ・・・!

などとも思っておらず、ぼーっと眺めていたら、でてた。

magokorotyubou.jpg

magokorotyubou3.jpg


スープ!

magokorotyubou4.jpg

atomic salty・・・。

原子の塩気とは・・・?

ともかく、濃厚塩ラーメンというのは珍しい。

その味はさすが、塩辛い。

強烈な塩辛さではなく、旨味を感じ取れる塩梅。

ベースは豚骨魚介というオーソドックスなものですが、この塩気は確かに特異なもの。


麺!

magokorotyubou5.jpg

でました開花楼麺。

このブログ見てくださる方の中で開花楼の麺を食べたことのない人はいないんじゃないかな、

と思いますので、説明するまでもないでしょうか。

想像通りです。


チャーシューはしっかり炙ってあり、ホロリと崩れる。

メンマも上々の出来、味わい。


スープは確かに個性があり、唸らせるものがあります。

その他は上等ですが、納得な域でした。


もっとほしいよ。自由が。



○心厨房
住所:〒135-0016 東京都江東区東陽 1-25-6
最寄駅:東京メトロ東西線『木場駅』
営業時間:11:30-15:00 / 17:45-20:00 祝:11:30-15:00
定休日:日・第2・第4月曜

↓クリックして頂けると↓
FC2ブログランキングへ
↓自由に頑張れる!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 〇心厨房 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/393-1f503ab5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。