PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麺屋 吉左右

kiltusou1.jpg


一所懸命さ。




数年間も休みの度にラーメン食ってりゃそこそこ名の通ったお店はほとんど行ってしまうわけで。

次はどこへ行ってみようかなぁ~という楽しみ方が、

次はどこへ行ってみたらいいんだ・・・という苦悶にいつの間にか変わっていた。


まったくもって、過渡期に入っている。

そんな挙句、ここへ。

kiltusou2.jpg

『麺屋 吉左右』

通算3回目になります。

人気も落ち着き、とんと御無沙汰だったので、伺ってみることに。

14時10分着。待ちはないものの、店内満席。

早速、奥様の超丁寧な接客で着席。

恭しく甲斐甲斐しいとも言える低姿勢な接客。

注文したのは『味玉つけ麺(900円)』

出来あがるまで店内を眺め待つ。


こちらのお店は最高レベルの清潔さがありありと分かります。

卓上の調味料や小物も、汚れやすい場所でさえ、しっかり磨かれている。

毎日のメンテナンス作業にはかなりの時間と丁寧さを要しているのだろうと慮ると、この営業時間も納得。

店主も奥様も常に丁重なおもてなしを体現しているだけに、結構な気苦労をされているのではないか、

と勝手な老婆心が生まれるほど。


そんなこんなで、こんの一杯。

kiltusou.jpg

kiltusou3.jpg

まずはスープ!

つけ麺の潮流はもはやメインストリームな状態な昨今、

こちらのスープも豚骨魚介とど真ん中なもの。

しかし、このスープの柔らかさ、上品さ、繊細さはここだけの特別なものに仕上がっている。

粘度もひくく、あっさりとしているため、強烈な旨味でガツン!というタイプではなく、

あくまで奥ゆかしく旨味を感じさせる。


麺!

kiltusou5.jpg

なんという柔麺。

好みではないけれども、このムチムチムニャリ感、やはり特別な仕上がり。

硬かったり、粉っぽかったり、荒っぽい麺に魅せられた人間ではありますが、

この多加水で艶っぽい麺を乏しめることは出来ません。


なんか全体的に好みではない。

しかし、また訪れてもいいなーと思わせる魅力があります。


なんだかんだ、説得力が凄い。

ありがちな「ここは別にテキトーでいいでしょ」っていう妥協が見受けられない。

自分も見習いませんとな。



麺屋 吉左右
住所:〒135-0016 東京都江東区東陽1-11-3
最寄駅:東京メトロ東西線『木場駅』
営業時間:11:30-15:00
定休日:水・日

↓クリックして頂けると↓
FC2ブログランキングへ
↓見習って頑張れる!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 麺屋 吉左右 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/392-ba3d1237

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。