PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

らーめん 豚喜 川口店



ひさしぶりの豚喜だぁ~





めん吉さんみたいに始まりましたが、亀有ではなく、こちら。

tonkikawaguchi2.jpg

『らーめん 豚喜 川口店』

18時5分着。開店したてでしたが、すでに満席。

券売機にて、購入したのは『味噌らーめん(小)(780円)+ほぐし豚(100円)』

豚喜はブタが美味しい印象があったので、豚入りにしようと思ったのですが、

通常の醤油らーめんの方は豚入りあるのに、味噌はなぜか売切。

味噌を食べに来たこともあり、悩んだ末、ほぐし豚で妥協しました。


スタッフのお姉さんに食券を渡す。

早速、トッピングどうしますか?という。

『ヤサイニンニクアブラで。』と伝えてみます。

着席してしばらく待つ。

厨房内は3名体制。

2名の男性スタッフは特に決まった配置があるわけではないようで、

ランダムに作業を分担する妙なオペレーション。

そういえば、豚喜は接客が必ず女性ですね。こだわりでしょうか。


ともかく、出てきた一杯!

tonkikawaguchi.jpg

雪化粧!

tonkikawaguchi3.jpg

ではいただきまーす!!


まずは、聳え立つヤサイ!

tonkikawaguchi4.jpg

というかほぼほぼモヤシ。

ボイルしてややジャックリいける好みの塩梅。

ボリュームも普通の増しでこれだから、流行りのG系らしい内容。


トッピングのアブラにかけられたゴマは仕様なのでしょうか。

さして印象には残らず。


ブタ!

tonkikawaguchi5.jpg

豚喜のブタは肩ロース使用。

そのため、肉厚ながらジューシィ。ホロリととろける仕様も完璧。美味い。


くずし豚!

tonkikawaguchi6.jpg

細切れ部分は端っこの固い部分なのか、パサり気味。

野菜と共に食すが上等なモノでした。



スープ!

tonkikawaguchi7.jpg

濃厚な味噌仕様。

食べ進めると、しまったなぁという思いが積もる。

あまりに無難な味噌スープすぎて。

G系らしい濃厚スープはもはや様式美みたいなもの。

その変化球に期待していたものの、あー、まぁこうなるよねー。

という印象にしかなれず。


麺!

tonkikawaguchi8.jpg

製麺所のものだから、というはずはないのだけれど、これまた普通な印象。

G系ど真ん中!という思いが拭えず。

しかも量は250グラムだからか、あっという間になくなる。

最後はいつまでも蔓延る野菜をレンゲで掬いだし、食べ続ける。

不完全燃焼な気持ちで終えてしまいました。


コンビニでもG系特集雑誌が現れる昨今。

数年前だったら、インスパイア系も数えるほどだったのに、いまやどこもかしこもG系がある。


二郎直系を超えるインスパイアに訪れてみたいものですが、

こんな飽和状態な中でも、あるように思えない不思議。


強烈なインパクトのあるインスパイア見つけたいものです。

モヤシの盛りで勝負するお店にはもういかないけど。


らーめん 豚喜 川口店
住所:〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-12-6
最寄駅:JR京浜東北線『川口駅』
営業時間:11:00-14:30 / 18:00-22:00
定休日:水

↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓勝負してがんばれる!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| らーめん 豚喜 川口店 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/377-fb7d6119

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。