PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麺処 銀笹

ginsasa1.jpg


のれんのないお店。


銀座のお店第2弾。

風がビュービュー吹きすさぶ中訪れたこちら。

ginsasa2.jpg

『麺処 銀笹』

14時着。待ちはなく、店内10名ほど。

のれんがないのは、どうやら強風のため取り込んでいたっぽいけども、

なんとも一見さんお断り風な外観。

中に入れば、全席テーブル!

券売機にて購入したのは、『銀笹塩ラーメン(800円)+半鯛飯(150円)』

だいたい50台後半の貫禄ある男性サラリーマンの方々とご相席。


まずはお盆が運ばれ、薬味とおしぼりが置かれる。

パーツすべてが高級感ある。

しばらく待ち、出た一品!

ginsasa.jpg

こうきゅう!

ginsasa3.jpg

ではいただきまーす!!


まずは、スープ!

ginsasa8.jpg

琥珀色と形容するのか、塩ラーメンというには、いささか色合いが濃い。

その味わいは、上等な和だしスープ。

鰹だしと丸鶏から摂られたスープと思いながら、探っていくと、

鯛の風味が香る。塩といえば淡くあっさりと戴けるものなイメージですが、

このスープはあっさりしているものの、旨味が深く思えてくる。

高級料亭のスープみたいな気がする。

高級料亭でこんなスープ飲んだことないけれども。


麺!

ginsasa5.jpg

へー!

とちょっと思うような、塩味の強い麺。

塩気を感じる中、スープの芳醇な味わいを楽しむ。

これは見事なもんだなぁ、と思っていると、

鯛飯がきた。

ginsasa6.jpg

ある程度食べ進め、特徴的な器で茶漬けにしてみる。

ginsasa7.jpg

こっれは美味いわ!

鯛の味わいは淡白なだけに鯛だけを食べると、「あぁ、うん・・。」っていう感想になってしまうけれど、

このスープと合わさると、ふっくらした旨味と風味が醸される。


トッピングも上等。

ginsasa4.jpg

海老しんじょうとか久しぶりに食べた。


1000円満たさず、この高級感ある一品。

これはハマりそうな味わい。

今のところ、お酒飲んだ後に食べたい塩ラーメン1位かも。

でも、銀座になんて行くことないなぁー。

何気に場所も遠いし。


でも、また来たい。

っていうか女性にオヌヌヌ。


麺処 銀笹
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座8-15-2 藤ビル1F
最寄駅:都営地下鉄大江戸線 『築地市場駅』JR線『新橋駅』
営業時間:11:30-15:00 / 17:30-スープ切れ終了まで
定休日:日・祝

↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓高級でもがんばれる!↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 麺処 銀笹 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/368-dc5910d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。