PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン 大至

daishi1.jpg


普通っていうなー!


決して良い意味では使われない普通を謳うラーメン屋さんが話題に。

秋葉原から歩いて訪れてみました。

daishi2.jpg

『ラーメン 大至』

18時着。待ちはなし。店内1名。

時間帯のせいか、TVにも出て話題になっていても閑散と。

券売機さえあるのに使わぬのは、吉野家的理由?

さておき、空いている席に着。

女性スタッフが注文伺い。頼んだのは『ラーメン(650円)』


しばらく店内を眺め待ちます。

至ってシンプルな外観と店内内装。

目につくのはテーブルに置かれた、このお店のこだわりについて。


スープも麺も具も普通と謳いながらも、きっちりと仕事してますよ、という内容。

メディア露出の時も思いましたが、中々にしたたかなお店だなぁ、と。

今や奇をてらうような、斬新さをどうやって生み出すかを模索しているラーメン店が多い中、

逆に普通さで奇をてらうとは。

などと、販売戦略の妙を思いながら、着!

daishi.jpg

フツウ!

daishi3.jpg

ではいただきまーす!!


まずは、スープ!

daishi5.jpg

鶏胸肉で澄ましたという黄金色のスープは、しっかりと鶏の旨味がじんわりと味わえる。

あぁ、これはそこはかとなく、美味いな、と思える。

ダシの滋味というのを慮らせるラーメンというのも、なんか久々。

目新しさのないスープではあるけれど、なんかイイ感じ。


麺!

daishi4.jpg

『傾奇者』という粉で作られた浅草開花楼の麺。

説明文の中にも、ミーハーとか書いてしまっているくらいだから、したたかというもの。

浅草開花楼というと、どちらかといえば極太麺でキャラメル麺とかまで形容されるような、ゴツいもの。

しかし、こちらの麺はムッチリしていてコシもありそこはかとない甘みも感じる。

普通といえば普通だけれど、この麺が浅草開花楼というのは結構意外。

量は推して測るべし。


daishi6.jpg

チャーシューは低温調理製法。

最近流行ってる?ややピンク色なチャーシュー。

ザックリとした食感。お酒のつまみにしたら最高。しっかり美味い。


言いたかないけれど、普通。

『細く長くやりたい。』

とはよく言ったもの。

そこが狙いなだけに、このお店のビジョンが一杯のラーメンにしっかり表れていることは凄いと思う。

近かったら足しげく通わせてしまうワザがありますね。


ラーメン 大至
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島2-1-2 佐藤ビル1F
最寄駅:JR総武線・JR中央線・丸の内線『御茶ノ水駅』
営業時間:11:00-15:00 / 17:00-21:00 / 土:11:00-15:00
定休日:日・祝

↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓フツウにがんばれる!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| ラーメン 大至 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/352-c372a934

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。