PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中華そば 永楽

nycake.jpg

さよならは突然に。


ごぶさたしております。


久し振りの投稿です。

多忙であったがため・・・、ってかサボッておりました。


色々ありましたが、やっと落ち着き始めましたので、

時系列順にしばらくは定期的に投稿してまいります。



職場があった大井町を離れることになりました。


あまりラーメンでの縁がなかった大井町ですが、

締めるにはこのお店は行っとかなければ、と。


eiraku2.jpg

『中華そば 永楽』

18時30分着。空き席あれども、賑やか。


入店すると、こちらへどうぞーとカウンターへ。

カウンター上部にあるメニューをざっと眺め、

『もやしそば(800円)』と『餃子(500円)』を注文。

しばらく時間掛かりますが~との言がありましたが、まぁ待ちますよ。


待っている間は店内を眺め回る。

まさしく昭和の遺物といった趣き。

テレビもないだけに、現代的なものは見当たらない。

店主らしき方はまるで目を瞑っているような状態で麺あげ。

キッチンとホールスタッフの確執ありそうな雰囲気もまた昔ながらの中華そば屋っぽい。


渋谷の『喜楽』店主の修業店らしいけども、喜楽でさえ超老舗店。

こちらはそれよりも歴史古く、1952年創業?

きっと平成という年号が変わっても、変わらぬ昭和の雰囲気を残していくのだろう、と思わせます。

そんな歴史を思いながら、確かに出てくるの遅いなーとも思いながら、

やっと出てきた一杯!

eiraku.jpg

とろみっ!

eiraku3.jpg


ではいただきまーす!!


まずは上物!

eiraku4.jpg

とろみ満点。

別段凄いことしているわけない炒め野菜でも、雰囲気合いまればなんとも郷愁を誘います。

このような中華そばを食べるのなんて、何年ぶりになるのだろう?

eiraku5.jpg

とろみに絡む麺は中太平打ち麺。

最近こういった麺ってないなぁ~っと時代の流れも感じる。

歯ごたえはムニュッとお年寄りでも美味しく頂けます。

eiraku6.jpg

スープに配された焦がしねぎはこの系列の特徴的なアクセント!

パンチ力が増し、とても安定した美味さ。

スープの圧倒感はないけれど、これが60年近く続く永く愛されるラーメンか、と思う。


遅ればせながら、到着した餃子!

eiraku7.jpg

結構肉厚。

近隣に290円の餃子屋がありましたが、こういった雰囲気で食べるラーメンと餃子。

このマッチ感に昔ながらな人はやられてしまうのでしょう。


大井町の場末感がたまらなく好きでした。

仕事上帰りに一杯という流れに出来なかったのは残念でしたが、きっとまた訪れます。

そしたら、横丁はしごに最後に締めでこのお店を楽しみたい。


10年後くらいの自分が楽しみです。


中華そば 永楽
住所:〒140-0011 東京都品川区東大井5-3-2
最寄駅:京浜東北線、東急大井町線、東京臨海高速鉄道りんかい線『大井町駅』
営業時間:11:30-21:30
定休日:月・第三火

↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓復活してがんばれる!↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 中華そば 永楽 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/343-3c83fac3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。