PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仁鍛

jintan2-1.jpg

白楽の有名人。


掲載を迅速に!

今のうちに溜まった記事を連ねます!


まずは、夜営業を始めたというこちら!

jintan2-2.jpg

『仁鍛』

19時10分着。待ちなし。

空いた席に座り、案内係の方に『つけめん(800円)+半チャーシュー(150円)』を。


厨房内には店主はおらず。

夜の部は弟子担当で、仕様も違うとか。

六厘舎派生のお店は様々な方面に切磋琢磨してますなぁ。


しばらく待ち、案内係の人がぐるっと回りこんで提供してくれました!

jintan2-5.jpg

じん

jintan2-4.jpg

たん!

jintan2-0.jpg


ではいただきまーす!!


まずはスープを!

jintan2-6.jpg

情報通り、確かに昼の部に比べ、ドロリとしている。

ブログを拝見すると、火入れに時間が長くなってしまうため起こってしまうようで。

ということは、裏を返せば仁鍛店主としてはできることなら濃厚にしたくないのではないか。

味覚的にインパクトが強い濃厚な味わいの方が印象には残りますが、

もはやつけ麺を売りにしているお店はどこもかしこも濃厚。

たしかに食傷気味かも。

このスープもその部類。

美味しいのだけれど、どこか想定の範囲内で印象として薄れてしまう。


麺!

jintan2-3.jpg

これまた想定の範囲内。

思うにセブンイレブンで販売していた仁鍛のつけ麺は麺に関しては出来が良かったなぁ、と。

極太丸麺。

モッチリしていてキンキンではないけれど、しっかりシメられていて出来としては申し分ありませんでした。


チャーシュー!

東池袋大勝軒系列は大判のチャーシューが売りでした。

久しく食べていなかっただけに、ちょっと懐かしい感覚。

脂身強い部分も多かったのですが、満足な量。

とはいえ、二郎慣れしているとどうしてもコストパフォーマンスで物足りなく感じてしまいますね。

あれが特別だとは思いますが。


つけ麺だと300グラムなんてあっという間。

スープ割りもしてもらって、サクッと退店。

夜の部の営業が始まったのは、非常に嬉しいですが、

やっぱりこのお店は昼の部、特に中華そばが好きですね~。


仁鍛
住所:〒221-0802 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29
最寄駅:東急東横線『白楽駅』
営業時間:11:30-15:00 / 18:00-21:00 / 土・日・祝11:30-18:00
定休日:火

↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓昔ながらでがんばれる!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 仁鍛 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/333-473320dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。