PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎 仙川店

jirosengawa2-1.jpg

遠くまで。



まったく、文章にするとなんだってこんなに簡潔に終わっちまうんだ。


一之江に行ったら終了を告げられたので、仙川に来た。


この行動力をもっと違うベクトルに・・・

って思ってもう3年は経ちますな。


さて、辿り着いた仙川。

jirosengawa2-2.jpg

『ラーメン二郎 仙川店』

21時30分着。待ちは15名ほど。

結構な並び。

十字路にまで到達するような状態でしたが、意外と早い仙川の回転。


ここの店主は思い通りにならないことが嫌い。

厳しいってか、お客さんを侮蔑な眼差しで見てるような気さえしちゃいます。


券売機で購入したのは『豚入りラーメン(800円)』

謎の「にぎってにわとり」を見つめつつ、厨房内の動きを注意。

空いた席に座り、高台に食券を出す。

それと、

『麺、持ち帰りできますか?』

と尋ねてみる。


数秒のタイムラグ。店主の情感ない眼差しと共に

『・・・・・・・いくつ?』

『3玉で。』

『・・・300円。』


そして、手に入れました。仙川の麺!

この麺で作ったものは後日に。


厨房内では3名のスタッフ。

店主と助手は和やかに会話。

お客さんとのやりとりはスパッと感情を切る。

なんか凄ぇ。


そして、店主からの言葉。

『豚入り、ニンニクは?』

『ヤサイニンニクで。』


そーしてでたぁ!


jirosengawa2-0.jpg

jirosengawa2-3.jpg


ではいただきまーす!!


まずはヤサイ!

jirosengawa2-4.jpg

後続の人たちはヤサイ増しを断られていましたけど、

ま、さして変わらんですわ。

他店舗に比べ、やや柔らかめに茹でられたジャックリ野菜。

モヤシ過多のキャベツ少なめでございます。


ブタ!

jirosengawa2-5.jpg

やっぱり仙川のブタはでけぇ。

以前はもっとモグモグが止まらない仕様だった気がしますが、

今回もなかなか時間を持っていかれる仕様。

別にお腹いっぱいでもないのに、箸が止まっている状態になります。


麺!

jirosengawa2-6.jpg

仙川といえば麺。

このちょっとボソッとした感触がなんともいえない。

量はそこまでではないかも。

なんか身体に悪そうなのに、好きな質をもってます。


スープ!

jirosengawa2-7.jpg

こちらのスープは非常にショウガが香る。

非乳化タイプの昔ながら仕様。

シンプルな味わいです。

他店舗に比べてどう、というより、ウチはこう!というような感じ。


トータルで個性溢れる二郎です。

似たものを提供しているお店が思い浮かばない。

こういったお店がどんどん増えたらといいな、と思います。


ラーメン二郎 仙川店
住所:〒182-0002 東京都調布市仙川町1-10-17
最寄駅:京王線『仙川駅』
営業時間:17:30-23:30 / 土曜:16:00-23:00
定休日:日


↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓遠くてもがんばれる!↓
人気ブログランキングへ



6/27

都営三田線西台駅東口前横断歩道先高架下店

オープン


行けるかな・・・。

スポンサーサイト

| ラーメン二郎 仙川店 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/327-7123cd54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。