PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラーメン二郎 大宮店

jirooomiya3-1.jpg

まさかの。


大宮にて朝から仕事。

さすがに、お昼休憩というものは存在するもので、1時間の猶予。

大宮二郎は夜だけだったよなぁ~。

なら、『大勝軒まるいち』とかあったよなーなどと思いながら、

南銀座通りを歩くと、遠くに並びが。

・・・やってる!

jirooomiya3-2.jpg

『ラーメン二郎 大宮店』

12時20分着。待ちは4名。

早速列に並ぼうとすると、

『先に食券お願いします!』とのご注意。

む、こちらは先に食券購入なのか、と券売機。

なんと、つけ麺が始まっているではないか!

ということで、今後のことも考え、『ミニつけ麺(600円)』を購入。

着席し、厨房内を眺める。


店主と助手の方。

お昼の営業を始めるにあたることができたのは、しっかりとした助手の方が就いたからか。

土・日の求人はありましたが、今のところ順調にいっているのではないでしょうか。


作業台に丼が並べられ、二郎らしく豪快に配膳していく。

それにしても、ミニラーメン用の丼の小さいこと!

つけ麺は最後。平ザルで捨てられていく麺のもったいのないこと!

盛られる麺を眺め、

『あー、あれなら小の方がよかったなぁ~』と思いながら、


まずはスープ!

jirooomiya3-3.jpg

そして、コールタイム!

『ヤサイで。』

jirooomiya3-4.jpg

つけよう!

jirooomiya3-0.jpg

ではいただきまーす!!


まずはヤサイから!

jirooomiya3-5.jpg

結構よき盛り。

シャッキリした新鋭二郎の茹で方。

バランスはモヤシ8のキャベツ2くらい。


ブタ!

jirooomiya3-6.jpg

大宮二郎のブタはほんとに大きくなりました。

ブタ増しの方はめっちゃ盛られていた。

部位によってはパサになりそうな型ですが、載せられた2枚は、非常に食べやすく、上々の代物でありました。


麺!

jirooomiya3-7.jpg

いやー少ない!

ミニにしたのは自分なので、文句ない話なんですが、大宮のミニは200グラムもないかも。

スープに浸し、ズッと食べると、〆られた麺が二郎らしくない、クミクミとしたコシのあるもの。

かん水の匂いも強く香る。

つけ汁はもともと温めだったため、あっという間に冷えてしまいましたが、さすがにもう少し麺量があった方がよかったかな、と思いました。


スープは前述のとおり温い仕様で、節の風味強く甘い。

玉ねぎもかなりの主張。

全体的に個性の強いもの同士が互いを主張してくるような、雑然とした印象。

一昔前のつけ麺といった様相。

油も厚く、コッテリ感は溢れていました。


しかし、この日は限定30食でしたが、昼限定のつけ麺をタイミングよく頂けてラッキーでした。


でも、やっぱりラーメンが好きだ!


ラーメン二郎 大宮店
住所:〒330-0844 埼玉県さいたま市大宮区下町1-25
最寄駅:各新幹線・京浜東北線・宇都宮(東北)線・高崎線・湘南新宿ライン・埼京線・川越線・東武野田線・埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)『大宮駅』
営業時間:11:00-14:00 / 17:00-22:00 / 日曜 11:00-15:00 / 17:00-22:00
定休日:火・祝

↓クリックして頂けると↓
FC2ブログランキングへ
↓昼でもがんばれる!↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| ラーメン二郎 大宮店 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/326-d0f5a2dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。