PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蓮爾 登戸店

hasumi8.jpg

その麺、狂暴につき。


久しぶりにMr.Childrenの「12月のセントラルパークブルース」を聴いた。

この曲が身に染みるようになった。

クリスマスシーズンになったら、もう一回聴こう。


そんな9月初頭。

どこに食べにいくか。

このブログでのまとも(?)な記事も久しぶりだ。

考えた末、ここは

『ラーメン二郎 神田神保町店』!

と思っていたのは14時30分まで。


本日2日の夜の営業は、都合によりお休みさせて頂きます。宜しくお願いします。

Powered by メルモ



 

くっ!

ここでも立ちはだかるかっ・・・!

人生っ・・・!


と歯噛みして、代替え店を探す。

ん~・・・こんな日は新しいお店でも開拓するかぁ~。

梶原ってところに富士丸の新店が出来たっていうし・・・。

と思いながら、京浜東北線に乗る・・・

その瞬間に気が変わる。

やはり、ここは圧倒的な存在感を示すモノを食べたい!

ということで、思い当たる節といえば、ココ!

hasumi2.jpg

『蓮爾 登戸店』

前置き長くてすいません。

久々なんで、つい長文に。


20時30分着。待ちは・・・あれ!ねぇ!?

意気揚揚と店前の券売機で小豚入りを探す。

巻きチャァはこの時間じゃどうせないけど、待ちなしは嬉しいなぁ~

と浮足立っていたら、


・・・・・・・・・

・・・ん?


ない・・・。


小豚入りがねぇー!!!!


メニューの欄には豚入りなどという文言が見当たらず。

やめたのかなぁ・・・。

たま、とか蓮エビとかはあるんだけど、

肝心の豚入りが見当たらな・・・


うわ!後ろが閊え始めた!


仕方ない、ここは11番の小ラーメンでお店の人に聞いてみよう・・・。


ということで、『小ラーメン(700円)』を購入。

お店の人に食券を渡し、『すみません。豚増しできますか?』

と尋ねると、

『え!?なんですか?』

『豚増しです!』


『麺増しですか!?』


『え!?いや!違いますけど・・・』


訝しげな店員さんはなんだかお困りの様子。


・・・すまん。出来ないんだね。ごめんね。


『そのままでいいです。』


入口右側の一番端っこで待ちましょう。

あ、レンゲも水も持ってこなかったわ。

まーいいやー。

時を過ごすこと、10分くらい。

店員さんが再度サイズ確認。

『小でよろしかったですか!?』

『ハイ!』

通ったようだ。


そして数分。

『小の方、ニンニクは?』

『ヤサイニンニクで。』

出・ま・し・た !

hasumi.jpg

求めた極太!

hasumi3.jpg


ではいただきまーす!!


まずは、ヤサイ!

hasumi4.jpg

蓮爾のヤサイ増しはもっと凄かった気がする。

でも、モヤシいっぱいだし。リハビリ中だし。こんなもんが適量かな。

ジャクッとした歯ごたえは、「オレ、モヤシ!」と主張して余りある。

それ以上述べることもなし。


述べたいのは、こいつ!

hasumi5.jpg

凄い麺だよ・・・。

こんな無骨な麺は他にない。

このお店の知識なく入った一見さんはどう思うのだろう。

酷評する人はたくさんいるだろう。

一口食べて去ってしまう人もいるかもしれない。

しかし、その圧倒的なモノは鮮烈な記憶として残ることだろう。

麺、ハンパねぇ!

などとトータルテンボスみたいなことを口走ってしまいそうだ。

だって、こんなに太くて固い麺、食べるのがキツい。

アゴが疲れるわ、小麦の味がダイレクトだわ、量はあるわ・・・。


たくさんの二郎系を食べてきましたが、

その中でも食べていて、『あ、これ食い続けたら死ぬな。』

と食べている最中に思ったのは、このお店と『環七新代田店』『凛』くらい。

個人的3狂と位置付けています。

その中でも、このお店は抜きん出てヤバイ。


でもそこがいいんだぁぁぁ!!!!


hasumi6.jpg

顔を覗かせた、ブタ。

小ぶりだのぅ・・・。

しかし、小ラーメンとしては結構な量か。

これで700円なら十分お値打ち。

脂身の削ぎ切りのようなものと肉感たっぷりだけどホロリとした肉塊。

美味しいです。とても。


スープ!

hasumi7.jpg

今回のスープは美味いな!

というのも、店主も助手の方も、なんかきっちり味見をしていた。

濃厚な程良い乳化スープ。

この力強さは桜台駅前店のものに近かったか。

かなり力強い出来栄えでした。


総評:★★★★


圧倒されるものはやはり、麺。

どれほど濃厚なスープも、意に介さんといわんばかりに自己を主張する。

噛めば噛むほどに、

『何食べてんだろ?』

という疑問がわいてくる稀有な存在。

巷で増えている、極太麺を売りにするお店の中でも、ここまでスープとの整合性に欠いているものはないと思う。

狂気の沙汰ほど面白い・・・。

とは正にこのこと。

ノーリスクなどっ・・・、ましてやリターンなどっ・・・!

といった具合に、欲する者だけを虜にする、『蓮爾 登戸店』


美味さとインパクトを追求した結果、殺しにかかってくるラーメン。

僕はそんな個性が好きです。

月に1度くらいなら・・・いいかな・・・?


追記:

豚増し、できるみたいですね。
150円で。
まったく。プリプリ。


蓮爾 登戸店
住所:神奈川県川崎市多摩区登戸1770
最寄駅:小田急小田原線『向ヶ丘遊園』
営業時間:月-金/18:00-24:00 / 土曜11:00-17:00
定休日:日


↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓これからがんばります!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 蓮爾 登戸店 | 03:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

豚増しメニューに無い時はできません。
メニューにちゃんと豚切れメニューと書いてあります。

| VIPPERな名無しさん | 2009/09/05 04:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/267-2e538e63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。