PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

味噌屋 八郎商店

hachiro7.jpg

ラーメン界の著名人からお花が届いてまーす。



『ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店』を食べ終え、すぐさまお隣へ。

hachiro2.jpg

『味噌屋 八郎商店』

前はそば屋だった?

覚えてないくらい印象が薄かった同場所が、キレイな花に彩られ、非常に目立っております。

山岸一雄さんからも届けられています。

さて、このお店は参ったラーメン認定なるでしょうか?


20時、待ちはなく店内に10名ほど。

入店すると威勢のよい掛け声。

やっぱりなんつッ亭系列は元気が良いのう。

さっそく券売機にて『味噌らーめん(780円)』を購入。

券売機にはグッズ販売が目立ちますね。

一郎さんの商魂はたくましいけど、ちょっとあざとくありませんでしょうか。


さて、食券を提出し着席。麺量が無料で大盛にできるというので、欲張って大盛に。

しばらく厨房を眺めます。

いやぁ~、まだまだ新店の部類ですから、オペレーションが定まっていないようですね。

作ったものをどこに提供するのか分からなくなって、戸惑っていることがしばしば。

スタッフの緊張感が伝わってくるので、なんとも言えない居た堪れない空気が。

初期は仕方がないとは思いつつも、最初っからツッコミどころを作っちゃイカンとも思います。

あと、段ボールやザルなど、普段使わないものが乱雑に置かれているのも気になりました。

せっかくの新店なのだから、ラーメン以外で評価を落とされるのはもったいないなぁ~と思ったり。


余計なお世話でした。


そして、出てきましたの!

hachiro.jpg

なんつッ亭の味噌!

hachiro3.jpg


ではいただきまーす!!


まずはスープ!

hachiro4.jpg

やはり、なんつッ亭系列のアイデンティティはマー油。

これこそが、なんつッ亭の商品価値そのもの。

そのスープのお味は!?


・・・よく分かんねぇ。


自分でもマー油を作ったことがあるんですが、マー油ってニンニクと白ネギとタマネギを3段階くらいに分けて背脂とかの油で炒めたもの(すげーテキトーな言い方)ですよね。

コクと香ばしさとボディの厚みを増してくれます。

が、味噌という調味料もどちらかというと、味は違えどそのベクトルは似ている。

だから、お互いの個性が激突してよく分からん味に。

マー油が絶対的に入るのならば、味噌はもっとマイルドな方が良いんじゃないか?と思ったり。

風味は個性的なものの方がいいと思いますが、味噌自体は別段普通の合わせ味噌に思えてしまったし。

とはいえ、まだまだこれから。試行錯誤が進められていくのでしょう。


麺!

hachiro5.jpg

この数十分前の麺と比べると、圧倒的に心地良いコシの麺。

森住製麺の麺とまではいきませんが、味噌ラーメンにマッチした、クミクミとコシの強い麺。

麺箱が八郎商店と銘打たれていたので、自家製麺でしょうか。

良い麺ですが、量少ないなぁ~。これで大盛?

券売機に特盛りとかなかったけど、この量じゃー満足できませぬ。

2件目だったから、ちょうど良い腹具合にはなりましたが。


トッピングは特に・・・。

hachiro6.jpg

チャーシューはなんつッ亭らしい、香ばしチャーシュー。悪くない。

炒め野菜も想像の範囲内。


味噌ラーメンは熱い。

汗をかきつつも、難なく完食しました。


総評:★★☆


他に食べられない味噌ラーメンではありますね。

マー油と味噌のマッチングももっと練れば良くなりそうな気がします。


なんつッ亭の新ブランドということで、そのブランド力に怠けることのないよう、

隣のお店を閉店に追い込む気迫と意欲を示して頑張ってほしいと思います。


味噌屋 八郎商店
住所:〒160-0022 東京都新宿区西新宿7-5-5
最寄駅:西部新宿線『西武新宿駅』
営業時間:11:00-23:00
定休日:無


↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓意欲を示してがんばれる!↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 味噌屋 八郎商店 | 01:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは

わたしも先日ここと小滝橋二郎の連食しました。
でんかさんの真似です(笑)。
やはりオープン仕立てで試行錯誤の途中なのかな。
小滝二郎のほうがうまく感じてしまいました。大豚でも
飽きることなくばくばく食えました。
小滝橋店の店員が度々客の入りを気にして偵察している様が
おもしろかったです。
本家の秦野なんつッ亭は安定してうまい印象あります。

| たくや | 2009/07/21 22:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/247-afbfd040

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。