PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

らーめん 豚喜

ryotsu2.jpg


すっかりごぶさたです。


ゴールデンウイーク?

何それ食えんの??

的な生き方をしていたものの、ついに個人的ゴールデン2連休!


だいぶごぶさた記事。

どこにいこ~と思いました。

思案した結果訪れたのはこちらっ!

tonki2-2.jpg

『らーめん 豚喜』


こちらで『豚ミックス』と『豚ほぐし』なるものが始まったという情報を得、


両方だっ!ここまで来たら両方注文しよう!これで勝つる!!


というような気合を込めて訪れてみました。


亀有に到着したのは16時。オープンが17時からなので、少し時間が。

ということで、亀有の『ゆうろーど』をテクテクと。

『これが下町かぁ~』

という感じは・・・あまり?

でも、途中にある青果店や惣菜屋が入っていた場所ではちょっとした賑わいが。

やっぱり商店街には賑わいが欲しいですよね~。

亀有の下町商店街なのに寂れてしまっている感はありました。

今は厳しいのかなぁ。

近くにどでかいイトーヨーカドーがありますしね。


さてさて、そんなこんなで時間つぶしは終了。

17時5分着。待ちはなく、店内に4名ほど。

店主と女性スタッフの体制でお出迎え。

『カウンターどうぞ~』というので、そそくさと奥まったところへ座る。

こちらはオーダー制。

女性スタッフの方が、注文とり。

『小らーめんで、豚ミックスを・・・。』

と言葉を紡いでいると、豚ほぐしがないことに気づく。

むぅ、期待していたのだけれど、仕方ない。

女性スタッフが、『麺の太さは?』という言葉。

『太麺で。』

『ふとでー!』

という言葉が響く。

『無料トッピングはどうなさいますか?』

ここは、しっかりと聞いてくるなぁ。

『野菜ダブル、ニンニクアブラで。』

という言葉で応じる。

『野菜ダブル、ニンニクアブラでーす!』

としっかり伝え、作業にとりかかる二人。


店主は、修行店『ラーメン二郎 品川店』の店主と同様に、なんだか疲れている雰囲気がある。

やっぱりラーメン屋さんは大変なんだろうなぁ~と思わせますね。

調理工程には特別なことは見受けられず、淡々と作業を進めていく。

麺が茹であがり、スープに投入、女性スタッフの方が、再度コール内容を伝え、店主はしっかとデカイものを作っていく。


それが、これだっ!

tonki2-0.jpg

聳えるお野菜!

tonki2-3.jpg


ではいただきまーす!!


まずは野菜から!

tonki2-9.jpg

この上にね、かけられた茶褐色の脂・・・うめぇ!!

不思議な味わいで美味。

しょっぱさがないのに、醤油感はある。

そして、甘い!

この脂ならご飯何杯でもいけるわ~。

とはいえ、ここ豚喜では野菜がご飯の代わり?

モリモリと多量のお野菜を卓上にある醤油だれと共にバクバク戴きます。

モヤシ8のキャベツ2。

ややクタり気味のお野菜を食べ進め、登場するのは、


ブタ!

まずは@型のバラ肉!

tonki2-4.jpg

い~い厚さ・・・!

このブタは醤油感がありながらも、クセのないしっかりした味わいが。

柔らかさはほどほどながらも、ちょっとスジっぽい気になる部分が。

これはたぶん部位的な問題でしょうね~。


肩ロース!

tonki2-7.jpg

これも厚切りでいいですね~。

肩ロースも2個入り。

こちらは味付けがやや薄め。

こちらも柔らかさはいいのに、スジぽいところが。

前回が史上最高に神がかったブタさんだったので、今回はちょっと残念なところ。

200円増しというと、『ラーメン二郎』でいえば、ぶたダブルに相当しますが、なんかこっちの方がお得感があります。

やっぱり厚切りは偉大。

量的にはたぶん二郎の方が上な気がしますけどね~。


スープは!

tonki2-5.jpg

茶褐色がよく見える。

ラーメン二郎インスパイアであれども、さすがにどこの二郎とも似てはいない。

甘めで上品に、万人が好むスープ。

野菜の水分が出てしまったのかもしれませんが、ガツン!とはこない。

ラーメンとしてはとても美味しいスープですが。


麺!

tonki2-6.jpg

食べた瞬間、

『うどんじゃん!!』

と思うような風味、歯ごたえ。

ツルツルモッチリとしていて、弾力が結構ある。

やっぱり『辰屋』っぽい。

まだ『麺徳』には行っていませんが、この趣きなんだろうな~と想像しながらガツガツ食う。

量はほどほどに~。


無我夢中で貪っていたから、卓上の存在を最後まで忘れていました。

tonki2-8.jpg

粗めに削られた魚粉と刻み玉ねぎを。

ほんとに、サービスには定評がある豚喜。

いいチェンジ郎を演出してくれました。


総評:★★★☆


豚ほぐしはは端材のものなのかなぁ~・・・?

豚入の場合はどの部位を使っているのかなぁ~・・・?

などと、今更疑問が浮かんできた。

美味しい豚を食べるためだけに訪れてもいいレベルですね~。


また来ようっと。


らーめん 豚喜
住所:〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-29-1 リリオ弐番館B1
最寄駅:JR常磐線『亀有駅』
営業時間:11:00-15:00 17:00-麺切れ終了
定休日:水


↓クリックしていただけると↓
FC2ブログランキングへ
↓明日もがんばれる!↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| らーめん 豚喜 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bandneets.blog67.fc2.com/tb.php/173-f847bd02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。